〈先輩メッセージ〉7階病棟 4年目

Messages

7階病棟 4年目

1年目からでもどんどん成長できる!先輩方の優しさが溢れる職場です。

写真:7階病棟看護師

内科病棟に勤務しています。新卒で当院へ入職し、現在4年目です。
看護学生だったときに、イムスグループの奨学金制度を利用していました。就職先を選択するにあたり、いろいろなグループ内の病院を見学しました。中でも当院は、どこの病棟も雰囲気が明るく感じられました。自分は見学に来ただけなのに、先輩方が優しく教えてくださったシーンがいくつもあり、自分も「こういうところで働きたい」と思ったことが、入職を決めたきっかけでした。
実際に入職してからも、学生のときの印象は変わりません。配属された病棟の雰囲気は明るいですし、先輩たちは分からないところをすぐに教えてくださいます。私自身、1年目からいろいろと勉強できたのも、今の自分につながっていると思います。1年目から2年目になったときは、先輩のフォローが1年目より薄くなるので、自立し始めなきゃいけないし、自分がどう成長できるか不安でした。でもそれは、3年目より上の先輩が「先輩としてどうあるべきか」を教えてくださったので、2年目は自分なりに勉強したしました。3年目になったら、1年目2年目と後輩が増えましたので、自分も「教えながら学ぶ」ことができました。自分の行動を振り返りながら、新しい発見ができた時期でもありました。自分も、先輩として成長出来たかなと思います。今は4年目になり、病棟内でチームのリーダーを任せていただけるようになりました。リーダーとしてはまだまだかもしれませんが、周りの先輩方に支えていただき、毎日が勉強中です。

私が看護師になるときに目標としたのが、患者さんへの身体的な援助だけではなく、精神面も援助できるようになる、ということです。患者さんは、身体面での治療はもちろん、慣れない環境での入院生活で、一人ぼっちで不安を抱えている方もたくさんいます。私は、患者さんの不安を傾聴したり、どうやったら入院生活をより良くできるか、患者さんの心にも寄り添うこと意識するようにしています。
私が1年目の頃から、患者さんには、「アナタには話をしやすい」とか「いつも心配してくれてありがとう」などの言葉をかけていただけるのが、今まで仕事が続いている「糧」になっています。患者さんからのありがとうとか、本当にいつもごめんねとか、こうした言葉をいただけると、嫌なことあっても疲れていても、みんな吹っ飛んでしまうんです。それは4年間働いていて、ずっと変わりません。
これから先のキャリアはまだ自分の中でもまだ「模索中」ですが、これからもっともっと勉強して、「今この患者さんのためにできること」を実践できる看護師になりたいです。

当院は、1年目から成長できる病院です。若いうちにたくさんの経験もできますし、学ぶこともたくさんあります。師長を初め、先輩方はみな優しいです。怒られるとしても、自分のやっていることが間違っているときや、患者さんにとっての安心・安全を根底としてのことですので、怖いとは思いません。「ほめてやる気を与える」というところでしょうか。