トップページ >  先輩メッセージ >  先輩メッセージ(1)

先輩たちのメッセージ(1)

西武文理大学 平成25年卒 障害者病棟

笑顔の連鎖が心地よい
経験豊富な先輩たちと働くよろこび

いまの病棟の特徴は、幅広い年齢層のスタッフがいること。平均年齢が30代後半と経験豊富な先輩が多いため、バラエティに富んだ考え方や対応を学ぶことができ、「看護」というものに対してより柔軟な考え方ができるようになったと思います。

スタッフ間に精神的な余裕があるためか、病棟内は忙しいときであってもギスギスすることなく、互いに声をかけあい働きやすい環境を維持するように努めています。周りの人の笑顔に助けられるように、自分も気づけば笑顔になっているように感じますね。

自分がしてもらったことを後輩にもしてあげたいから

現在プリセプターである私が、プリセプティに対して心がけていることは、どんな状況であっても「なんで?」と聞かないこと。新人がミスをしてしまったとき、「なんで?」と聞くと責めているような雰囲気になってしまいますからこの言葉はご法度なんです。

思わず問いかけたくなるときもありますがそこはぐっとこらえて、こちらから強制するのではなく、彼女たちが自主的に振り返れるような言葉をかけるように心がけています。経験豊富な先輩たちにのびのびと育ててもらったおかげでこういった心の余裕が生まれたのではないでしょうか。自分がしてもらったことを後輩たちにも同じようにしてあげていきたいですね。
「先輩は後輩を助けるのが当たり前」という環境が出来上がっていると思います。

ほかの先輩からのメッセージ

  • 「正解は一つじゃない」 経験豊富な先輩たちと 働く喜び
  • 看護師として恵まれた 「最初の一歩」を ここで踏み出そう!
  • 患者様の目の前で 泣いてしまった私に、 先輩がかけてくれた一言
  • 早くから責任のある ポジションに就き、 「自立したナース」に
  • 風通しのよい職場環境で 男性ならではの看護を 実践する喜び
  • 「ふたば研修」のおかげで 看護師としての自信を 持つことができた

お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

049-258-8610

ネットからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ