トップページ >  教育体制 >  新人教育プログラム

新人教育プログラム

「ふたば研修」 2か月間をかけた贅沢な学びの時間 ― 4月・5月ごろ

芽が出てすぐのふたばのように日の光を浴びて
のびのびと育ってほしいという思いを込めて

「ふたば研修」は病棟に出る前に行う研修で、2が月間をかけたぜいたくな学びの時間です。看護の基礎を振り返りつつ、当病院の基礎や手順を指導し、現場の雰囲気にも少しずつ触れていきます。

6名の新人看護師に対して1名の指導者がつく少人数制。指導者はベテラン看護師が担当し、経験に則したアドバイスも交えながら進めていきます。クラスには、指導者の名前を冠し、連帯感や責任感を育むことも狙いとしています。新人同士で過ごす時間でもあり、仲間意識も芽生えてくることでしょう。

新人看護師は、いわば芽が出てすぐの“ふたば”。
水やりを欠かさず、日の光を浴びることで、すくすくと育ってくれるものと信じています。皆さんを大切に育てたいという思いから生まれた、当病院独自の教育プログラム。安心して最初の一歩を踏み出すための準備期間です。

4月ごろ

イムス三芳の基本理念と看護の基礎を振り返る時間

当病院の職員として必要な手順や基準を覚える期間です。病院の基本理念や看護部の理念を学び、日常のお世話や口腔ケア、排泄援助といったベッドサイドケアなど、看護の基本をチェックしていきます。新人看護師6名に対して1名の指導者がつき、少人数でじっくりと行います。

病棟ではなく研修室で行うため、落ち着いた雰囲気の中ゆっくり学べるところが特徴です。どの科に行っても必要になる、基本的なスキルを身につける時間です。

研修項目

基本技術の5項目

  • 清潔の援助
  • 排泄の援助
  • 食事の援助
  • 吸引技術
  • 採血技術

その他の項目

  • 看護必要度
  • 固定チームナーシング
  • 薬剤管理
  • 医療安全
  • 感染管理
  • 医療機器取り扱い
  • フィジカルアセスメント
  • BLS
  • 薬剤投与

5月ごろ

4つの科を1週間ずつ回るローテーション研修

4つの科を1週間ずつ回って見学するのが、ローテーション研修です。外科ではドレーンや術後の看護、整形外科ではギプスの付け方や包帯の巻き方など、それぞれの科の特徴的な看護を見学することができます。学生時代の臨床研修から時間が経ってしまって心配、という声に応えたのがこの研修。

目で見て、現場の雰囲気を肌で感じることがメインです。6月からいよいよ配属になりますが、配属以外の科を知ることができる機会でもあります。

ローテーション研修をする科

  • 外科
  • 内科
  • 脳神経外科
  • 整形外科

大卒だからこそ不安だった手技
「ふたば研修」のおかげで安心できた

私は看護大学出身のため臨床実習後1年弱のブランクがあり、当初は患者さまにケアを行えるのかどうか不安でした。しかし「ふたば研修」のおかげで勘を取り戻すことができ、その後は自然に病棟に溶け込むことができました。1部屋受け持つようになったときも、「周りの人に頼ることも仕事のうちだよ」と言われて、チームワークの大切さも学びました。温かい先輩たちに囲まれ「看護って楽しい」と思う毎日です。

(宮城大学 平成26年卒 内科病棟)

「シャドー研修」 先輩の実務を見て学ぶ ― 6月ごろ

“シャドー”となって間近で見学
先輩看護師の手技を学ぶ時間

6月からは病棟に配属になり、「シャドー研修」がはじまります。配属先の看護師が1日交替でついてオリエンテーションを行うというもので、間近で手技を見て学ぶことがメイン。“シャドー”なので、自分のペースでじっくりと見学でき、病棟全体の1日の流れや、看護師の役割を肌で感じることができます。
また、様々な経験や役職を持つ看護師につくことで、それぞれのスキルや、自分の立ち位置を知る機会にもなります。

先輩看護師より

病棟の看護師全員が1日交替で担当します。経験も役職も違う先輩の“シャドー”となって、いろいろなことを吸収していってください。見て学ぶことがメインの研修なので、緊張しないで大丈夫ですよ。

プリセプターシップ ― 7月ごろ

お姉さんのように優しく
マンツーマンでフォローする

3か月間にわたる当病院独自の新人教育プログラムの後、いよいよ本当の病棟デビュー。プリセプターシップがはじまります。勤続2・3年目の先輩看護師(プリセプター)が、日常業務をいっしょにしながら基礎的な知識や技術を指導。新人看護師(プリセプティ)の心配や不安な気持ちも受け止め、マンツーマンでフォローしていきます。
また、病棟全体で新人看護師を育てるしくみもあり、1年目の看護師の成長を皆で見守っています。

プリセプターより

プリセプターシップは、姉と妹のような感覚でサポートする制度。皆さんが安心して現場に慣れていけるように、良き相談相手となって支えていきます。不安や質問があったら、遠慮なく聞いてくださいね。

『アイナースプログラム』とは、新人看護師たちを支援するための
確立された教育・研修プログラムです。

入職1年目の新人研修の内容は もちろん、教育担当者研修、プリセプター研修、研修評価の基準についても定め、グループ全体で同じ基準を採用することで、足並みを揃えた教育を実現しています。

そして、当病院独自の新人教育プログラムとして「ふたば研修」と「シャドー研修」が用意されています。
どちらも皆さんが安心して最初の一歩を踏み出せるようサポートするための教育システムです。

ブロック研修

「アイナースプログラム』 の一貫で、院内研修とは別に、地区ブロックごとに合同研修を実施しています。
異なった専門性を持った病院とも連携して、より広い分野で研修ができるので、基礎知識レベルの向上にもつながると同時に、他院の同期と共に学ぶことで、違う職場の仲間も増え、グループとしての連帯感や安心感も生れるよい機会となります。

看護師1年目の年間スケジュール

お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

049-258-8610

ネットからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ